JUICHI WAKISAKA

レーシングドライバー 脇阪寿一 OFFICIAL BLOG

2011.7.05

鹿児島の森君から

704j5619.jpg

鹿児島の森君から幻の芋焼酎「森伊蔵」、しかも“極上”が届きました。

写真右が「森伊蔵」。

そして左が“極上”です。

長期熟成のまろやかな飲み口。

あかんて!!

こんなん飲んだら他飲まれへん!!

「暑い夏をエコでのりきってください。」

と大量のうちわも。

ありがとう!

いつもいつも、細やかな気配りに感謝です。

うちわは僕がよく行くご飯屋さんに配ります。



何度か蔵にはお邪魔させて頂いておりますが・・・。



森君家にはたくさんのかめ壷は無く、決められた数量、精魂込めてお酒を育てています。

自分たちが責任を持って育てられる数量、それしか造らないそうです。

「森伊蔵」が「森伊蔵」である所以でしょう。

2010012717340000j.jpg



手前は五代当主、森覚志さん。

森君のお父さんです。

当主が造った焼酎に、ご自身のお父様のお名前「伊蔵」をとって「森伊蔵」を世に出されました。

奥では女性2人だけで全ての「森伊蔵」を和紙でくるんでおられます。

少しでもシワがおかしければやり直し。

お酒造りの心がここでも見られました。

熟練した技、失敗はありませんけど・・・。


蔵に寄せて頂いていつも思うこと。

それは蔵に携わる方々の「技」はさることながら「心」です。

自分たちはものすごい努力をして、色んなものを犠牲にしてまで守り続けている心、技、味、もはや日本の大切な伝統工芸です。

ご本人達はそのようには思われてないかもしれませんが・・・。

国が保護して残すべき。(酒蔵に限らず全てにおいてもう少し考え方を変えるべきと思います。無くなってからでは遅いです。自分達の力だけでは残したくても残せないものだってあります。早く!すぐに動いて欲しい!!)

それであっても全てにおいて感謝の気持ちを忘れない。

この土地からしみ出す水に感謝し、蔵に住み着く家付酵母に感謝し、飲んでもらう方々に感謝する。


蔵に寄せて頂くと、いつも僕の汚れた心が洗われます。

ほんまに「感謝」です。



「我々は当たり前の事を当たり前に行っているだけなんです。全てはこの土地の水とこの蔵に住み着く家付酵母のおかげなんです。そして、喜んでこの焼酎を飲んでくださる方がいるから出来るのです。」
                         五代当主 森 覚志




最後に本当の幻の焼酎をご紹介します。

あまり見た事無いと思いますが・・・。

2010012719350000j.jpg


「森伊蔵 楽酔喜酒」です。

10年熟成物です。

この鮮やかな赤のビンは森君がデザインしました。



先ほど森君から電話がありました。

「地元のメディアの取材があります。「SAVE JAPAN」と「森伊蔵」の関係を話させて頂いてよろしいでしょうか!?」

何と言えば良いのか!?

「森伊蔵」は日本が誇る銘酒やで。

何でそんな下から目線で僕に!?

このような方々が造る焼酎、みなさんも飲みたいでしょう!?

僕が言うのもなんですが、人の気持ちがお酒の味に表れます。

プレミアがついて、高い価格で取引されているこのお酒。

彼らは当たり前の価格で出荷しています。

彼らの想いは、「このお酒を求め喜んで頂ける方々に、当たり前に飲んで頂きたい。」

そのためにどうすれば良いのか!?

彼らは絶対、大量生産はしないでしょう。

それではどうする!?

それはこれからの森君の腕の見せ所でしょうね。

五代当主が造られた素晴らしいこの「宝」、その「宝」をどのようにして沢山の方々へ届けるか!?

その答えが出た時は6代目の誕生か!?(勝手にすいません。妄想です。)

頑張って!!

応援しています!!

コメント ( 7 )

mikio :
精魂こめてレーシングカーを走れせる方が、精魂こめてお酒をうくられる方と出会われるのはある意味必然?きっと気持ちが通ずるのかもですね。
泣き虫オヤジ :
寿一さんのお酒話し貴重ですね◎
みんながリスペクトしてる所が分かりますよ。
がんばんべぇ〜寿一さん☆
奈穂 :
久し振りに書きにきました。
以前何回か書きにきていましたが先月22日に主人が
亡くなり毎日が悲しくってなかなか書きにこれなかったのですが
寿一選手の最近はどうなのかな?と思いきました。

寿一選手の楽しい日記に元気貰えました。



私情いれてしまい失礼しました。
TOYOTAファン :
日本の伝統工芸を国が保護すべきというのは全く同感です!古くから受け継がれてきた伝統の技が途絶える事態だけは絶対回避しないと!!しかし今の政治家、特に与党民主党の人達にそういう発想自体恐らく皆無なのでしょうね…。自国の領土を守る事さえ及び腰なぐらいですから…。
『森伊蔵』良いですねぇ〜〜
富士の天然水か鈴鹿川の源水で作った氷を使ってロックで飲んだら秋にはもっと嬉しい美酒に酔えるかも〜〜
ウーロンハイ :
すごいですね!
少量生産だからこそ出来る品質第一のモノづくり。
商売として考えるほうがナンセンスな世界。
素晴らしいです。
ぜひ国の重要文化財にでも指定しいただきたいぐらいです。
そうでもしないと、僕が飲めるチャンスを失ってしまいそう(^^ゞ
なんといっても生産者の志の高さを敷居の高さにしないところがスゴイ!
ネット販売とかもしてくれればありがたいですけど、そうなると生産が追いつかなくなって、大変でしょうね。
いつかは飲んでみたいです。
つじめ :
日本は本当に素晴らしい国ですよね。美しい景色(海外に全然ひけをとってません)素晴らしい歴史ある伝統文化(日本の色々な技術は世界でもトップクラスですよね)そして国民性。最近の若い方たちがどうも自分を見失って未来に絶望感を持っていらっしゃるように見えるのは今までの日本の政治にあると思います。年金問題、天下り、自分さえよければいい政治家たちの身勝手さが、ご自分の親たちが一生懸命働いてもその見返りは期待できない、一生懸命働いてもしょうがないという考えになりフリーターやニートという人たちを生み出したんじゃないでしょうか。(頑張っている若者もたくさんいますけどね)
”今どきの若者は”と言う人もいますがそんな風にさせたのは今までの日本の政治です。
私の考えはとても極端かもしれませんが震災が起こり、未だにはかどらない復旧で今までの政治の在り方に爆発しそうな国民はたくさんいると思います。
なんか全然違う方向に行ってしまいましたが日本が誇る素晴らしい伝統文化は守って行きたいですね。それほどの美味しいお酒が飲めなくなったらとっても悲しいですよね。日本が誇る素晴らしい景色、素晴らしい文化、素晴らしい技術は国民で守って行きましょう。この国の未来のためにも。

コメントをください

ブログカテゴリー