JUICHI WAKISAKA

レーシングドライバー 脇阪寿一 OFFICIAL BLOG

2011.7.02

三橋仁明写真展 〜2011ニュルブルクリンク24時間耐久レース〜

juichi-nur24-20110623-001.JPG


届きました!!

今回のニュルも三橋仁明カメラマンに同行をお願いし・・・。

近くのホテルはいっぱいのため同部屋。

2人で濃い1週間でした。

いくら「濃い」でも「恋」は芽生えませんでしたのでご心配なく!!

それでは行ってみましょう!

三橋仁明写真展 ニュルバージョン、スタートです。




juichi-nur24-20110623-002.JPG




juichi-nur24-20110623-003.JPG




juichi-nur24-20110623-004.JPG




juichi-nur24-20110623-005.JPG




juichi-nur24-20110623-006.JPG




juichi-nur24-20110623-007.JPG




juichi-nur24-20110623-008.JPG




juichi-nur24-20110623-009.JPG




juichi-nur24-20110623-010.JPG




juichi-nur24-20110623-011.JPG




juichi-nur24-20110623-012.JPG




juichi-nur24-20110623-013.JPG




juichi-nur24-20110623-014.JPG




juichi-nur24-20110623-015.JPG




juichi-nur24-20110623-016.JPG




juichi-nur24-20110623-017.JPG




juichi-nur24-20110623-018.JPG




juichi-nur24-20110623-019.JPG




juichi-nur24-20110623-020.JPG




juichi-nur24-20110623-021.JPG




juichi-nur24-20110623-022.JPG




juichi-nur24-20110623-023.JPG




juichi-nur24-20110623-024.JPG




juichi-nur24-20110623-025.JPG




juichi-nur24-20110623-026.JPG





如何だったでしょうか?

参加したそれぞれの想いは違ったかもしれないけれど、この1年でそれぞれが自分たちの成長した姿を成瀬さんに示したかったと思います。

そんな姿を何枚かピックアップしてみました。

成績では去年成瀬さんが居た時の方が良かったかもしれませんが、色々な困難に立ち向かうスタッフはかなり成長できたと思うし、内容的に素晴らしい24時間になったと思います。

豊田社長のブログにもありましたが、ピットが隣のBMWやアストンマーチンの方々からは「5年前、これが本当に素人集団だったのか!?」とお褒めの言葉を頂きました。

成瀬さんが造ったこの集団が成長し続けているのです。

成績が出なかったのは成瀬さんから

「まだまだ!」

というメッセージでしょうか!?

もっともっと努力が必要です。

豊田社長はレース終了後に我々関係者や沢山の役員の方々の前で

このニュルにおいて、ドライバーの危険さ、車への負担、参加する意味などを述べられ

「このチャレンジは続けます。人を、車を鍛えるこのプロジェクトは続けます。」

このように話されました。

成瀬さんの想いは我々の中で確実に生き続けるでしょう。



我々レーシングドライバーにおいてもニュルは特別です。

チャレンジングで走るたびに、攻めるたびに、サーキットが我々を違う世界に誘います。

でも、その誘いに安易に技術も無くのると怪我や死をまねきます。

ですから常に恐怖を感じ、でも乗れば攻めたくて、攻めたくて、攻める。

それはもっともっと攻めたくなる自分を抑えられるかどうか!?

その先に何があるか見えない事への恐怖。

でも、我々はそのリスクを背負って挑戦し、車と人を鍛えています。

それが本来のレーシングドライバーだから。

そんなレーシングドライバーの事をメーカーの社長が、豊田さんが理解してくださっている事を豊田さんの話で知りました。

ほんとうにありがたいと思った。

ご自身も運転されるので解ってくださっているのでしょうが、やっぱりそれも成瀬さんが伝えてくださったんでしょう。



ニュルに関わられた全ての方々、GAZOO Racingの皆様、お世話になりました。

ありがとうございました。


僕自身も少し成長できたニュルでした。

コメント ( 10 )

mikio :
素敵なブログでした。

ありがとうございました。
泣き虫オヤジ :
こんにちは、寿一さんのコメントには何時も勇気をもらえます。
菅生が楽しみです。
がんばっぺ寿一さん。

432 :
寿一さん

2011年 ニュル24h の写真 好きなのは

成瀬さんの奥様が写真を持たれているシーン。。。

寿一さんとアンドレの歩くシーン。。。

最後の 来年に続くニュルへの道

写真が 何かを語りかけてくれる そんな気がします

成瀬さんの 「クルマを鍛え、人を育てる」それが ニュル

豊田社長はレーシングドライバーの気持ちを理解できる人

そんな環境で 頑張った GAZOO Rのみなさん

来年の挑戦 楽しみにしています
FULL :
はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

いいですね、戦かってる漢の顔は。
今年の成績は残念な部分もありましたが、無事にゴールした後の達成感にあふれた笑顔。
何も言葉はいらないですね。

目頭が熱くなりました。

宮崎のkoso :
この写真を見ると、ヒヤヒヤしながら応援していた記憶がよみがえります。
なかなかネット中継に映りませんでしたが、ドイツの解説の方が「GAZOO」って言い始めて、11さんはじめ皆さんのことをしゃべり始めたのが数回ありました。
その度に、分からないドイツ語を必死に聞いてました。

でも無事に完走&日本に戻ってこられて本当によかったです。
三橋カメラマンの同行、相部屋だけ心をつかむ写真になっておられます。

これまで、TVだけでしか情報を入手できていませんでしたが、ネットを通じて同じ感動を、そしてそのときの興奮を知ることができるようになり、ほんとうれしいです。
ぜひ、今後も情報発信をしていただければと思います!
ぼんたろー :
次は菅生ですね!

伝説を見せてください。人生もRACEも走り続ける寿一選手に力をもらえます。

僕の道しるべになります。
ウーロンハイ :
挑戦し続けることの意味を理解してくれる同志がいる限り、挑戦し続ける!
カッコいいです!シビれます!

世界の激速純レーシングカー軍団を蹴散らして、あくまで市販車ベースにこだわるLFAが、総合優勝を飾る日がくるといいですね!

ララ :
今年のレースは去年に比べてトラブルが多くて。
応援している方も、特別、気合が入ったり、想いが溢れそうになったレースでしたよ。
写真も、1枚1枚から強い気持ちが感じられますね〜
♯87の赤組スタッフ、とても良い顔されてます。
2台完走でよかった。 
キレイな青空の下、こんなにたくさんの最高の笑顔を見れたのだから、
今年のニュル、去年に負けない良さがあったんじゃないでしょうか?

どの写真も素敵ですね! 路面に書かれたメッセージやくねくねカーブが続く緑のコース・・そこを飛ぶように(若干飛んでますね・・)走るLFA♪
かっこよかったんだろーな。
かっこいいといえば・・アンドレさんと11さんのバックショット〜
やっぱりこう、なんだかしっくり。 男同士の友情??

えっ? 三橋さんとの恋情???
それは・・コメントが難しいです。。(笑)
しみやん :
タイヤが地面から浮いてますね!

一瞬、四輪とも、かと思いましたけど。

ニュルでは、ココで抜いて欲しい、との「リクエスト」はあったのかしら。


浮いてる写真は超カッコイイので、トヨタ系のディーラーさんでポスター配布して欲しいです。
つじめ :
やっぱりモータースポーツはいいですね。かっこいいです!!
ドキュメント映画ができそうですね。これからのGAZOO Racingの成長がとっても楽しみです。LFA、本当にかっこいい車ですね。LFAを超える車は当分出てこないですね。そう思います!(^^)!

恋が芽生えなかったのは残念でしたね…………三橋さん(^^ゞ

コメントをください

ブログカテゴリー